Home
トップ

試験情報

今年度の試験は終了しました。
合格発表は11/6です。

お勧め講座

あまり有名ではありませんが、自信をもってお奨めする通信講座はこちらです!

社会保険労務士になる為には!

まず社会保険労務士になる為には当たり前ですが試験に合格して資格を取得しなければなりません。ただし社会保険労務士の場合は、資格を取ったからと言ってもすぐに社会保険労務士になれるわけではないのです。社会保険労務士名簿に登録しなくてはなりません。登録条件もあり2年以上の実務経験か全国社会保険労務士会連合会が実施している事務指定講習を受ける必要があります。実務経験は資格獲得前後でも構わなく労働社会保険関係の仕事に携わっていて会社からその証明がもらえれば大丈夫です。実務経験がない場合は講習を受け登録すれば社会保険労務士として活動できます。

社会保険労務士となった暁には独立開業するか就職・転職するかに分かれると思います。
もちろん現職場で活用する人もいます。この資格は独立開業型ですが、実務経験がない場合はまず就職して仕事のノウハウや人脈作りに徹するほうが良いと思います。社会保険労務士は独立ではなく企業や社会保険労務士事務所に所属して総務・人事の業務をこなしてしている人が意外と多いのも特徴です。まったく経験がない人がいきなり独立してしまうと特別な人脈がない限り仕事を取ることは難しいですし実務をスムーズにこなすのも大変です。まずは、現場で経験を積んでから独立開業を検討して見てください。
次に実際の仕事内容を確認してみます。社会保険労務士は大きく分けて3つの業務に分類できます。「書類作成」「提出手続き代行」「コンサルタント」になります。
「書類作成」は、就業規則・退職金規程・労働者名簿・賃金台帳などの作成・変更。

「提出手続き代行」は、労働基準法、労働保険、社会保険等申請や届出。健康保険・厚生年金保険の月額算定基礎届、月額変更届の手続き。労働保険料の概算・確定の申告・納付手続きなど。
「コンサルタント」は、賃金制度 、賞与・退職金 、労働時間 、福利厚生 、年金 、採用 、人事制度 、解雇など。

これらの業務は通常社内の人事や総務が行います。ただ零細企業などの小規模な会社では、 専属の担当者がいなく、直接的に利益を生む仕事ではないので曖昧にやっている企業も多いのです。ただ企業が成長していくには「人」という要素が大きく関わるので、ここを整えるのは 絶対条件になります。しかし人員不足で社内で仕事をこなすのが難しいので、社会保険労務士が代行する事になります。このように社会保険労務士の仕事は、事業を運営していく上で欠かせない重要な役割を果たします。企業で働くにせよ、事務所で働くにせよ、現場でこれらの業務を実際体験して見ることが大切です。そして社会保険労務士としてある程度経験を積み自身を付けて独立開業を目指す方は非常に多いと思います。独立開業のしやすさがこの資格のメリットの一つでもありますので。そこで次のページで独立開業についてご紹介いたします。

Home